ロボット教室ふじみ野校が全国大会に挑戦! 予祝を取り入れる

049-267-4603

ロボット教室ふじみ野校が全国大会に挑戦! 予祝を取り入れる

  • 2018/12/18 更新

ロボット教室ふじみ野校が全国大会に挑戦! 予祝を取り入れる

予祝というメンタルトレーニングを取り入れた

皆さんは居酒屋甲子園の大嶋啓介さんはご存知でしょうか?

予め祝うと書いて予祝(よしゅく)と読みます。

これはアイススケートの羽生結弦選手も取り入れているメンタルトレーニングです。

オリンピク選手はみなさん、メンタルトレーニングをします。

極限の状況でも最高のパフォーマンスを引き出す為に優勝できたところを何度もイメージするのです。

ロボット大会に出る選手も、大会当日は緊張が極限まで達します。

81mK6BIz35L.jpg

そんな状況でもそのプレッシャーを楽しめるようにするのがこの予祝なのです。

このメンタルトレーニングの方法を「本気のじゃんけん!」と言います。 

IMG-7782.JPG

「最初はグー!じゃんけんぽん!!」

IMG-7783.JPG

勝っても負けても大声を出して

「よっしゃーーー!!!」

と叫びます。

この時に優勝した瞬間を具体的にイメージます。

このイメージが鮮明であればあるほど優勝する確率が高くなります。

 

詳しくは本を読んでみてね。

IMG-7174.JPG

さてさて。前回の続き。

みなさん、気になるようで沢山の人から質問がきました。

2台もロボットを作ってどっちが本戦に出るのでしょうか?

メンバーにはメンターが期限を切りました。

大会の前の週に最高得点を出しているチームが3回のうちの2回のゲームを出れるということ。

だから負けると1回しか出番がなくなる訳です。

負けちゃうと自分のロボットの活躍の場が少なくなるのでみんな必死で集中力を切らさずに練習します。

あとはメンバーを微妙に入れ替えてA1、A2、B1、B2の4チームを作ってみんな平等に出れるように

配慮しました。

 

もう一つ、ユニークなルールを設けました。

それはお互いにアタッチメントを共有して良いという事です。

 

これは想像以上に効率的でした。

お互いがライバルでもあり、協力者な訳です。

片方のチームがあるミッションをクリアする事ができたらもう一方のチームも自動的に

クリアできてしまうミッションがポロポロ出てくる訳です。

 

これが今回の私たちのチームにとって最大の発見でした!

 

無料体験に申し込む!